自然素材を生かした「こだわりの家」
ブログ
blog

スタッフブログ 2024.02.08

★必見★【2024年補助金情報】リフォームチャンス到来!!

皆さま、こんにちは!

住宅アドバイザーの熊岡です🐻

 

立春とは名ばかりの厳しい寒さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

風邪など引かぬよう、お身体ご自愛ください。

今日は皆さまに素敵な情報をお伝えします!

国からリフォームに関わる超大型補助金について情報が発表されました!

⇩⇩その内容がこちら⇩⇩

 

今年は「最強寒波」など、厳しい寒さがニュースになっていますね。

しかし灯油代や光熱費は上がり続ける一方です。

 

そんなときに考えたいのが「お家の断熱リフォーム」!!

 

弊社では、窓の断熱リフォーム】おすすめしています!

 

夏・・・冷房効率アップ、室内熱中症対策

冬・・・暖房効率アップ、ヒートショック対策、結露対策

◎寒い外気の影響を受けにくくなり、お部屋はあったか・エアコン効率が上がって光熱費の節約にもなります。

今なら国の補助金制度「先進的窓リノベ2024」・「子育てエコホーム支援事業」で、断熱リフォームをすると補助金がもらえます。

 

補助金+光熱費削減でとってもお得にお家が快適になりますよ!

 

ところで・・・・・

窓の断熱リフォームってどんなことをするの?

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

⇩⇩その内容がこちら⇩⇩

 

 

窓の断熱リフォームは大きく分けて2種類あります!!

 

1、二重窓(内窓)設置

【商品名:インプラス】

今ある外窓の内側に樹脂製の窓を取り付けます。

外窓・内窓の間に空気の層を作るので断熱性アップ!

この空気の層は防音対策にもなります。

高断熱のLow-Eガラス(グリーン)は優れた断熱効果を発揮しながら、夏の強烈な日差しもしっかりカットしてくれます。

夏に頻繁に冷房を使用する地域やお部屋におすすめ。

インプラス工事は手軽に設置できるので、窓がたくさんあるお部屋やマンションにもおすすめです!

 

 

2、外窓交換【商品名:リプラス】

カバー工法のリプラスという商品は一番カンタンな外窓交換です。

今ある窓は捨ててしまいますが、枠はそのまま活かすので壁をこわしたりしません。

今の枠に樹脂をまわりこませますので、すこし窓は小さくなります。

しかし、断熱効果はバツグン!!カバー工法が外窓交換では主流です。

動きもとってもスムーズになるので、よく開け閉め・出入りする窓におすすめです。

外窓も高断熱のLow-Eガラスを選んでしっかり断熱し、補助金を貰いましょう。

 

 

窓の断熱リフォームと一緒に水廻りキッチン玄関ドアトイレなどのリフォームをお考えの方もいらっしゃるかと思います。

補助金の併用でまるっとお得にリフォームが可能です!!
この機会に検討されてはいかがでしょうか?

 

◎ポイント!

工務店・リフォーム店によっては、補助金の申請が出来ないところもございます。

補助金の事業者登録をしている工務店・リフォーム店を選びましょう。

瀧口建設は国や県、自治体などの補助金にも幅広く対応しています。

2023年も新築工事・リフォーム工事にて補助金申請実績がございます。

補助金内容は毎年変更されますので、最新情報等詳しくはお問い合わせください。

 

弊社では、2016年と2021年にLIXILメンバーズコンテストにて地域優秀賞・地域最優秀賞を受賞いたしました。

お施主様にとっての『いい住まい、いい暮らし』をご提案し、実現させるためにスタッフ一同日々業務に取り組んでいます。

アフターサポートにも力を入れておりますので、ぜひ新築工事もリフォーム工事も瀧口建設にお任せください。


 

~完成見学会開催中~

浜松市浜名区小松のリセット住宅が無事完成いたしました。

お施主様のご厚意で、1月27日(土)~オープンハウスを開催させていただいております!

築60年のご自宅をリセットした現場となっております。

昔の形を残しつつ、暮らしやすい環境へと変身させました!

ご見学希望の方は、下記よりお申込みくださいませ。

 

           

⇩お申し込みフォーム⇩

 

【ご予約受付中】OPEN HOUSE 築60年をリセット!完成見学会|瀧口建設株式会社|浜松の注文住宅/自然素材を生かした家づくり (takiguchi.net)

 

 

 

皆様からのご予約お待ちしております😊

 

 


弊社のリンク一覧です。

瀧口建設 lit.link(リットリンク)


LINE公式アカウントでお友だち募集中です!ぜひお友だちになってください!最新情報をお届けします!

 

友だち追加

CATEGORY

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ
PAGE TOP